• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

服育活動レポート

第6回東京服育研究会定期セミナー開催します!

服の消費とわたしたちの暮らし ~ものづくりの現場からの警鐘~

NEW

服の消費とわたしたちの暮らし ~ものづくりの現場からの警鐘~

No.:
第6回東京服育研究会定期セミナー
日時:
2017年12月1日(金)18:00-19:30(映画上映は16:20~)
場所:
アキバプラザ6F(セミナールーム1)
参加費:
無料
主催:
東京服育研究会
PDF:
定期セミナー詳細

服の消費とわたしたちの暮らし ~ものづくりの現場からの警鐘~講師:茨城大学 准教授 長田華子

近年、わたしたちの身の回りには低価格の洋服があふれており、わたしたちはそれらを消費しています。
しかし、その裏側では様々な問題が生じています。海外、国内の縫製工場で調査をしてきた中から、その実態についてお話しするとともに、皆さんと一緒に、服の消費、延いてはわたしたちの暮らしについて考えてみたいと思います。
先生方に身近な学校制服にも通じる話になります。

講師のご紹介

長田 華子
長田 華子
茨城大学人文社会科学部 准教授

茨城大学人文社会科学部准教授。専門はアジア経済論、南アジア地域研究、ジェンダー論。1982年生まれ。2012年3月お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科修了(博士:社会科学)。2013年日本学術振興会特別研究員(PD・東京大学社会科学研究所)を経て、2014年4月より現職。2006年4月から1年間ダッカ大学社会科学部女性学・ジェンダー学科に留学、以降バングラデシュの縫製工場で働く女性たちについて研究。主な著書は、『990円のジーンズがつくられるのはなぜ?―ファストファッションの工場で起こっていること』(合同出版、2016年)、『バングラデシュの工業化とジェンダー―日系縫製企業の国際移転』(御茶の水書房、2014年)。

映画「The True Cost」同時上映します

上映時間/16:20-17:50

街に溢れ、大量生産大量消費されるファストファッション。その裏側に迫ったドキュメンタリー映画です。

 

labreport20_4