• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

お知らせ

親子

ご無沙汰しました、企画スタッフの近藤です。
私はテレビっ子ですから、ついついまたテレビネタになるのですが、
今朝、テレビを見てるとあるCMが流れてきました。
内容は、高校生くらいの女の子とお父さんの服を通した会話です。
お父さんの昔のシャツを手にとって「これ細いんじゃない?」の一言から、
お父さんの若いころの服の思い出もこめて当時のファッションだった「アイビールック」であることを言い、、
次はお母さんのジャケットを取り出してきたら、お母さんの若いころのファッションだった「浜トラ」であることを言う。お母さんのジャケットを着て嬉しそうな女の子。
なんか、どこの家庭でもありそうな風景でした。
実際、私もそんな経験があります。結構、同性の親の昔着ていた服って興味もあるし、昔のものだけどなんか新しく見えたりするんですよね。
服を通して親子で会話し、コミュニケーションする。昔はそんな風景はいっぱいあったんでしょうね。
ものを大切にしていたからそんな会話ができるのでしょうけど、これからはそんな会話はこれからは減っていきそうな気がしますね。
そんなのは、なんか寂しいですよね。
それにしても、すごいスピードで流行が通り過ぎていき、服があふれ、使い捨ての世の中になり、昔のように大切にずっと保管しておくということがなくなってしまった気がします。それがすべてゴミとなっているんですよね。
ものを大切にする心、ということをもう一度考え直したいですね。それがこれからの環境にも影響してくるんじゃないでしょうか?もったいないの心がこれから必要ですね。
ではでは。