• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

お知らせ

使い続けるという『エコ』

皆さんこんにちは。企画スタッフの有吉です。
さて、皆さんは車に興味ありますか?
10月26日-11月11日まで幕張メッセで開かれている「東京モーターショー」には、開催前から相変わらずの注目で、テレビ、新聞、ネットといろんな媒体でその様子が報道されていますよね。
新しいデザインの車が発表されたり、人気だった車が復活したりと華々しい話題にはことかかないようですが、その一方でやはり『環境』も重要なテーマとして各社いろいろなエコカーを発表しているようです。
実はこの「東京モーターショー」にはバイクも出展されているのだそうで(知らなかったのは私くらいかもしれませんが・・・)、バイクの世界でも車に負けず劣らずエコバイクの取組みが紹介されているのだそうです。
そんな中でバイクの王様とも言える「ハーレーダビッドソン」に、環境の取組みを取材したgooの記事がとても印象に残りました。
http://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/life/science/gooeditor-20071030-01.html
記事によると、「環境性能を高める全社的な取り組みはあるのですか」という質問に対して、ハーレー側の答えは、「環境対応の取組みはありません。しかしハーレーは長く大切に乗ることができるんです」というコメント。
確かにこういった展示会では新しい環境技術にばかり目がいきがちですが、「大切に手入れしながら長く使う」というのは、エコの基本ですよね。
ややもすれば私たちは「新環境技術」という新しい大量生産・大量消費の波に流されてしまいそうになっているのかもしれないですね。
「何ができるのか」「何がいいのか」、もう一度足元から考えないといけないなと改めて感じました。

TAG: