• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

お知らせ

エコバッグ騒動

皆さんこんにちは。企画スタッフの有吉です。
さて、ずっと前にこのブログでも紹介させていただいてヨーロッパで話題のアニヤ・ハインドマーチのエコバッグ「I’m not a plastic bag」が先週日本にも上陸しました。
http://fukuiku.xsrv.jp/wp/weblog/2007/04/post_61.html
テレビで紹介されていたので見た人もいるかもしれませんが、限定で発売されたこのエコバッグを信じられないくらいたくさんの人が買おうとしてお店の周りは前日から長蛇の列、もちろん発売当日はパニック状態でした。
ロンドンでバッグを中心に小物から洋服のデザインを手がけるアニヤ・ハインドマーチは、現在世界30カ国にお店を展開する売れっ子デザイナーです。
そんな彼女がデザインしたエコバッグは、デザイナーがデザインし多くのファッション関係者が使用したという話題性、プラスその値段の低さも手伝って、発売されたどの国でも瞬く間に完売したのだそうです。
イギリスでは1時間に2万個が完売したというのですから、日本の銀座直営店が用意したバッグ(数忘れてしまいました。百個?数百個?)販売が大混乱になるのはあたりまえといえばあたりまえだったかもしれません。(その後日本の他のお店でも発売されましたが、もちろん即日完売です!)
でも今回の件でとても残念なのは、このエコバッグをエコバッグとして使用してくれそうな人があまりいなかったという点です。
単に有名ブランドの注目を集めているバッグのひとつという感覚で買いに走った人や、通常であれば数万円するアニヤのバッグが2100円で買えるという価格の面で飛びついた人だけならまだしも、中には話題のバッグをネットで転売して利益を得ようとしている人までいて・・・。
さっきオークションサイトを見てみたら、売っていました・・・。アニヤのエコバッグ。それもたくさん・・・。
なんだか悲しくなってしまいますよね。
アニヤがこのエコバッグを企画した意図は、きっと多くの人にエコに対する関心を持ってもらいたい。少しでも自分ができることを考えて取り組んで欲しいとの思いから企画したんだと思います。
貴重な今回のエコバッグを手にした人に、アニヤのその思いが伝われたいいなと思いました。

TAG: