• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

服育活動レポート

教員のための消費者教育講座(東京)/服育で衣服の力を生きる力へ

教員のための消費者教育講座(東京)/服育で衣服の力を生きる力へ

NEW

教員のための消費者教育講座(東京)/服育で衣服の力を生きる力へ

対象:
東京都内の小学校、中学校、高校、特別支援学校の先生、栄養士、部活動の指導にあたる先生など、教育現場で消費者教育を実践していただける方ならどなたでも
日時:
立川会場/7月28日(木)12:30-14:30
日時:
飯田橋会場/8月8日(月)12:30-14:30
経緯:
東京都消費生活総合センターからのご依頼で、都内の教職員の方を対象とした研修を担当させていただきました。消費者教育につながる服育を「環境」と「着こなし」の観点から、実際に学校で使っていただける服育学びツールの体験を交えながらご紹介させていただきました。

服育で衣服の力を生きる力へ ~環境と着こなしの観点から~

消費者教育につながる服育を、「環境」と「着こなし」の観点からどのような取り組みができるか考えていきます。

まずは「今日の服装を選んだ理由は?」や「どんなことを考えて服を購入していますか?」など、ご自身の服との付き合い方について振り返っていただきました。

その上で服の選び方や着方についてどのように子どもたちに伝えていけばよいのか、実際に授業の中で使える服育学びツールの体験を交えながらご紹介していきました。

tokyo_2

授業で使える!服育学びツールの体験

服について楽しみながら学べる「制服の一生すごろく」と「着こなしワークシート」を体験していただきましたが、どちらもこれまでになかった衣服についての教材ということでとても興味を持っていただきました。

実際にすごろくをする場面では、久しぶりのすごろくゲームに盛り上がりながらも、衣服と環境の関わりのポイントについておさえていきました。

研修後は多くの先生方から学びツールのご要望をいただき、改めて服育の重要性を感じました。

tokyo_3

参加された先生のご感想について、東京くらしweb内の教員向け消費者教育情報誌「わたしは消費者」に掲載されています。

東京くらしWEB

↑「わたしは消費者」の下記バックナンバーをご覧ください。

146号

〇平成28年度すぐに役立つ「教員のための消費者教育講座」実施報告

2.受講された先生方の感想