• 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求
  • 教材ダウンロード
  • 教材ダウンロード
  • 各種応募申込み
  • お問合せ資料請求

お知らせ

最近のニュースを見て

こんにちは、企画スタッフの藤田です。
最近、テレビなどで、政治家や企業のトップが不祥事に対して弁明会見行っている姿をよく見かけます。
「誠に遺憾ながら~」という話からはじまり会見は続いています。ボーッと見ているので詳しい内容までわかりませんが、その態度、しゃべり方を聞いていると、「この人は謝っているのかな?それとも自分は関係ないって言っているのかな?」と疑問を感じてしまいます。
いくら丁寧な言葉遣いでも、その人の態度、行動にその人自身のことが反映されているものです。
これは裏返せば自分自身にも言えること、言葉だけえらそうなこと言っても伝わんないんだろうな~とつくづく感じます。気をつけていきましょう。